蟹をさばいてみましょう♪

みなさんは蟹料理の中で、何が一番お好きですか?
料理した蟹も美味しいですが、私はなんと言っても、丸ごとそのままの蟹を茹でて食べるのが大好きです。
でも、蟹を食べるのって面倒ですよね。
手も汚れるし、周囲も汚れます。
我が家で蟹を食べるときは洋服も床も汚れて、大変なことになります。

 

蟹をさばきながら食べるのも楽しみの一つだから、汚れるのなど、気にしないという人もいるでしょうね。
ですが、綺麗に食べ易く出してあげたら、家族も喜んでくれるだろうと思って、蟹のさばきかたを調べてみました。

 

ここでは茹でた蟹のさばきかたをご紹介します。
まず、蟹を裏返しにして、お腹の「前かけ」と呼ばれる、三角や半円型の部分を外します。
いきなり甲羅を外している人もいるでしょうが、正しい順番は、甲羅はもっと後に外すのです。
「前かけ」を外したら、切れない部分は包丁で切り落とします。

 

次に蟹の甲羅を手に持ちます。
そして足を取ります。
足を取るときは中の蟹みそが落ちないように気をつけて下さいね。
たっぷりの蟹みそが入っている場合は、足をもいだだけでみそがこぼれてくる場合があります。

 

次にやっと、甲羅をはずします。
「ガニ」と言われるジャバラのようになっている部分を左右とも外して捨てます。
蟹の足は間接で切り、このままでは食べにくいので、包丁で縦に切れ目を入れておきます。
ここまでさばいておけばテーブルも汚さずに召し上がることが出来るでしょう。
身が取り出し易い蟹スプーンなども100円ショップで売られていますから、買っておくと便利ですよ。

 

蟹をさばいてみよう


このページの先頭へ戻る